ハゲになる前に 毛穴と頭皮ではけの予防と治し方

とにかく育毛剤が欲しい方はこちらを!

無料登録

ハゲに関する嘘?本当?


ハゲに関する知識や情報はネット上でも溢れるほど発信されていて
その中には怪しげな情報やよくわからない情報もたくさんあります

 

せっかくハゲ対策に本腰を入れて
自己流で生活習慣の改善やシャンプーを変えたりして
始めてみたけど大した効果が感じられないという方も少なくありません

 

そこでここでは巷に出回っているハゲ改善の噂の真相に迫ってみようと思います
本格的にAGA治療を始める前に知っておいたほうがいいかもしれませんよ!

 海藻が髪に良いと聞いたのでわかめなどをたくさん食べています
これでAGAの進行を防いだり遅らせる事が出来るよね

 

A  残念ですが出来ません?何かを食べたからと言って
髪の毛が増えたりすることはありません
確かに海藻のミネラルが髪に良い成分であることに間違いありませんが
海藻を食べる事で髪が増えるというのは迷信です

 タバコやお酒を辞めたんだからハゲは改善されるよね

 

A  これも難しい判断ですがハゲ改善の直接的要因にはなりません
しかし、喫煙とハゲの関係と改善方法のところで
説明させて頂いたように血流の促進から頭皮に好影響を与えますから
禁煙はハゲ改善の大きな味方になってくれるはずです

 帽子やヘルメットかぶるとハゲちゃうからかぶらない!!

 

A  もちろん程度の問題をありますがあまり心配しなくても大丈夫です

 シャンプーは気持ち良さ優先で自己流で洗っています

 

A  シャンプーは頭皮にも毛髪に対しても非常に重要なアイテムであり
そのシャンプーの方法はハゲ改善の大切なポイントです
 
詳しくはシャンプーの方法を参考にして頂きたいのですが
簡単に説明すると髪の汚れというのはざっと洗うだけで綺麗になります
 
それはシャンプー剤の洗浄力の強さが強いからです
 
あまり洗浄力の強いシャンプーで長い時間洗うことは
髪だけではなく頭皮を痛める原因になります
 
そして指の腹で優しく洗いましょう
大切なのはシャンプー後のすすぎの方が大切です!!
 
詳しくはシャンプーの方法を参考にして下さい

 気持ち悪いから一日に何回もシャンプーするんだけど大丈夫かな!?

 

A  これも程度の問題ですが基本的には夜の一回だけで十分です

 

寝不足とハゲのところで説明しましたが夜のゴールデンタイムで
髪の成長は促進されますから就寝前のシャンプーがベストです

 

ハゲを気にする方ほどシャンプーの回数や時間を気にされますし、
よくサロンでも相談をうけますが
あまり時間をかけて洗う必要はありません

 スカルプケアやヘッドスパは有効?

 

A  誤解して欲しくはないのですが
地肌の血行促進はAGAには直接結び付きません
ハゲの原因であるストレス解消などになりますから
積極的に取り入れて下さい

 若い頃にパーマカラーリングばかりしてたけどハゲるかな!?
 
A  パーマやカラーばかりしたからと言って
AGAの進行が促進されるわけではありません
 
AGAの原因はあくまでも男性ホルモンの変化ですから
パーマのコールド液やカラー剤やオキシドールが
AGAの進行を促進したりする事はありません
 
しかし、カラー剤にしてもパーマ剤にしても
劇薬には違いありませんから頭皮を傷つけてしまう恐れが
ありますから気をつけて下さい
 
特に縮毛矯正やホワイトブリーチは頻度に注意しないと
AGAが進んでいる場合
Wでハゲが進んでしまいますから注意しましょう
 
サロンで施術していても特に若い女性でホワイトブリーチを
繰り返しているお客様の頭皮はかなり荒れてしまい
若干薄くなってしまっています

 白髪が多いんだけどハゲちゃうのかな!?

 

A  AGAに白髪は直接関係ありません
 
白髪になるのはメラニン色素細胞の老化が基本的な原因ですから
白髪とAGAは結び付きません
 
AGAの原因は男性ホルモンの変化です

 フケが多いんだけどハゲちゃうのかな!?

 

A  フケの原因はシャンプー後のすすぎ不足からくるものや
冬場の頭皮の乾燥からくる古い角質が剥げ落ちてきたものです
 
ですからあまり心配する必要はありませんが
年間通して頭皮の痒みや炎症が続く場合には
「脂漏性皮膚炎」の可能性があります。
 
そこから症状が進行してしまい「脂漏性皮脂炎に基づく脱毛症」
となるケースもあるので注意が必要です

 親がハゲてるから私もハゲちゃうのかな!?

 

A  遺伝に関してはまだまだ未解明な部分が多いですが
AGAに遺伝は関与しています
 
血液に含まれる男性ホルモンの濃度というのは
個体によりそんなに変化はありません
 
関係してくるのは男性ホルモンを受け止める
受容体と言われる受け皿です
 
男性ホルモンはこの受け皿にはまることで
はじめて指令を出すことが出来るのです
 
つまり、この受け皿が多い人ほど
AGAが進行しやすいということになります
 
そしてこの受け皿の数には遺伝が大きく関与しています
               参考記事⇒

 もう若くないから今さらハゲ対策してもおそいよね!?

 

A  基本的にハゲ対策に年齢は関係ありません
 
自分で薄くなったと感じたらハゲ対策始めても遅くはありません

  AGAの治療しても再発するのかな!?

 

A  個人差はあるようですが再発の可能性はあります
投薬治療なとである一定の改善が見られると
一旦治療を止めと様子を見ます
 
男性ホルモンの分泌量は一定ではありませんから
多い時もあれば少ない時もあります
 
様子を見るタイミングで安定期でAGAが改善の方向に
向かっていてもその後にAGAが進行してしまう事もあります

 

ページの先頭に戻る

 

トップページへ戻る

 

ハゲ治療の種類と方法


 
TOP 育毛剤の選び方・評価ランキング 人気シャンプー一覧表 育毛サプリメント一覧 AGA治療院・クリニック