ハゲになる前に薄毛予防* 毛穴と頭皮ではけの予防と治し方

とにかく育毛剤が欲しい方はこちらを!

無料登録

髪が生えるメカニズムとは?

どうしてハゲるのか?

 

その答を導きだす為にはどうして髪が生えるのか?
そして髪の毛にはどんな役割があるのかを理解しておく必要があります

 


髪の毛は人の皮膚が変化して出来たもので
大きく分けて皮膚の外に露出している「毛幹」と、
皮膚の下に隠れている「毛根」に別れます

 

髪の毛が生えるメカニズムはこの毛根部分の根本にある毛母細胞に
血流て酸素や多くの栄誉成分がホルモン等の成長因子が運ばれ
毛母細胞から髪の毛が生えてくる為の成長促進因子が産出され、
更に細胞分裂を促進して毛包に新しく髪の毛が生成されます

 

この成長と共に髪の毛は伸びていくわけです

 

実際、みなさまの頭皮も健康であれば目に見えない頭皮の下で
毛母細胞が活発に細胞分裂を繰り返しているんです

なぜ、髪が抜けるのか?

毎日、髪の毛か抜けている事はみなさんもご存じだと思います
それはどんなに健康な髪の毛でも寿命があるからです
ある程度の長さまで伸びた髪は自然に抜け落ちます
そして又新しい髪の毛が生えてくるこの周期をヘアサイクルと呼びます

 

 

 

基本的に髪の毛は一つの毛穴から産毛のような細い毛が生えてきて
それが太く長く成長していきます

 

その速度は1日平均0.3ミリの ペースで
伸び続けるこの期間を「成長期」と呼びます

 

この成長期は男性で2年から5年、
女性は5年から6年と言われています

 

その後に今度は毛根が退化する「退行期」となり、
そして成長が止まる「休止期」を過ぎて自然に抜け落ちます

 

その後に正常なヘアサイクルであれば同じ毛根から
新しい髪の毛が生えるという同じサイクルを繰り返すのです

 

ところがこのヘアサイクルの途中で何かしらの原因で
髪の毛の成長を抑制する因子が作用してヘアサイクルを乱し
髪の毛の成長を妨げハゲの原因となるわけです

 

ページの先頭に戻る

髪の毛はなぜ必要なのか?

基本的な事ですかが髪の毛はなぜ必要なのかわかりますか?

 

最初にあげられるのが太陽などから降り注ぐ紫外線などけら頭皮を守ります

 

夏の日焼け対策で紫外線カットをするのは
単に日焼け防止ということではなく
過剰な紫外線による日焼けで皮膚がんなどからの予防にもなるわけです

 

人が進化する過程で二足歩行になった時に体毛が薄くなり
一番高い部分の頭の毛が濃く残ったと言われています

 

更に体内で発生した有害物質を体外に排出する働きもあるて言われています

 

特に重金属に関しては髪の毛と爪からほとんど排出されているようです

 

髪の毛と同じタンパク質で出来ている爪にも同じような働きがあります

 

最後に衝撃などから頭部を守る働きがあることは
皆さんよくご存じの事だと思います

 

ページの先頭に戻る

 

トップページへ戻る

ハゲ治療の種類と方法

関連ページ

秋はハゲの季節?
昔から秋は抜け毛のシーズンなんて言いますが 髪の毛と季節に関係があるのでしょうか?

 
TOP 育毛剤の選び方・評価ランキング 人気シャンプー一覧表 育毛サプリメント一覧 AGA治療院・クリニック